聖書の一行目

2021年4月11日 更新 / 2021年4月13日 公開
聖書の一行目の写真

創世記1:1  
はじめに神が天と地を創造された。

聖書の一行目そのように始まる。
この「天と地」とは、文字通り天上と地上だ。
同時に神が全てのものを創り完成したことを意味している。
例えば、「北海道から沖縄」といえば、それは日本を指す意味であり、「AからZ」といえば、アルファベットの全てを指す意味である。
このよう神が「天と地」を創造したということは、空間、流れる時間の初めから終わりまでを創り上げたことを意味しているんだ。
「全ての初めから終わりを創造した」というのは、とても大切なことなんだ。
ボクの初めから終わりも、あなたの初めから終わりも、この日本の初めから終わりも、神様が造ったのだと、聖書は一行目に宣言しているんだ。
しかし、人間はこの神が造られた最高の地上、最高の時間をぶち壊すようにして、自分の地上、自分の時間を作り始めて行ってしまうんだ。
でも、ボクらは「神様がボクらに造ってくれた時間はどのようなものだろうか」と祈りながら、神様の造られた今日を過ごすことができるのではないだろうか。

Fumika