hi-b.a.とは hi-b.a.とは

hi-b.a.(ハイビ―エー)とは

高校生のためのキリスト教の伝道団体で、 high school born againersの略です。ヨハネ3:3「人は新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」 の聖書のことばから名づけられました。高校に通っていない同じ年代の人も対象です。

hi-b.a.は日本福音同盟(JEA)に加盟しています。(統一教会・その他異端カルトとの関わりはありません)

定期集会

平日の夕方、放課後の時間に毎週決まった曜日・場所で行っています。クリスチャンの高校生も、そうでない高校生も集まってきます。
hi-b.a.スタッフが集会をリードし、賛美をしたり、聖書のメッセージを聞いたり、友だちやスタッフとおしゃべりしたりします。
学びの要素が多いのですが、決して堅苦しくなく、アットホームな雰囲気です。「集会に来るとほっとする」という高校生が多くいます。

※各学期、休みの期間がありますので、各地域のページでご確認ください。

定期集会の様子

特別集会

関東では月に1回土曜日に(関西は月に2回、第二、第四土曜日)、
「ジョイフルサタデー(通称ジョイサタ)」と呼ばれる特別集会を行っています。
伝道的なプログラム「アイスクリームパーティー」や、宣教師を招いての「世界宣教」、「男女交際について」など、
学び中心の信仰訓練的な企画プログラムを行っています。

特別集会の様子

キャンプ

夏・冬・春の休みは、なんと言ってもキャンプです!高校生伝道と信仰訓練のために特別に組まれたプログラムでキャンプを行っています。
寝食をともにし、語り合い、思いきり体を動かして遊び、聖書のことばに思いを巡らす・・・
ここで多くの高校生が、かけがえのない本当に貴重な経験をしています。
関東のキャンプは、千葉県九十九里浜にあるhi-b.a.キャンプ場で行います。
その他の地域でもキャンプを行っています。詳細はキャンプページをご確認ください。

キャンプの様子

hi-b.a.のはじまり

アメリカのニューヨークにブラント・リード氏という、一人の信徒が教えていたある教会の高校生クラスが事の始まりでした。リード氏は熱心な指導者で、高校生を霊的に訓練するためには、週にたった一回のクラスでは足りないと思いたち、平日に自宅で高校生のための集まりを始めました。

リード氏の訓練の特徴は、主イエスを証しさせることでした。「誰に対しても私はクリスチャンだと言いなさい。学校に行くときには、 必ず聖書を持って行きなさい。」と。しかしアメリカではほとんどの人がクリスチャンだと自認します。そこで “I am a Christian."と言うかわりに “I am a born againer.'' と言うようにさせたのです。その高校生たちはとても良く証をしたためすっかり学校で有名になり、“born againer" は彼らの代名詞 (あだ名)になってしまいました。それを会の正式名称に採用したのです。

やがてブラント・リード氏は高校生伝道の働きのために献身しました。そして一つの地域教会だけでなく、どの教会にも仕えるため、超教派の活動として、1938年ニューヨークにおいて高校生専門の伝道団体を結成しました。それがhi-b.a.の始まりです。