困難な時代

2020年9月30日 更新 / 2020年10月7日 公開
困難な時代の写真

 第2テモテ 3:1-5 終わりの日には困難な時代が来ることを、承知していなさい。そのときに人々は、自分だけを愛し、金銭を愛し、大言壮語し、高ぶり、神を冒瀆し、両親に従わず、恩知らずで、汚れた者になります。また、情け知らずで、人と和解せず、中傷し、自制できず、粗野で、善を好まない者になり、人を裏切り、向こう見ずで、思い上がり、神よりも快楽を愛する者になり、 見かけは敬虔であっても、敬虔の力を否定する者になります。こういう人たちを避けなさい。敬虔は見かけではありません。

 上で述べられている一つひとつは罪であり、神が喜ばないものです。もしそれらを常習的に犯しているのであれば、私たちは直ちにその行いを捨てる必要がります。

 私たちには弱さがあり、罪を犯してしまうことはあるでしょう。その時は躊躇せず、悔い改める必要があります。

 罪に留まっている状態を放置してはいけません。欲望は私たちをおびき寄せ、誘惑し、死に至らしめます。なぜある人は欲に引き寄せられ、またある人はそうでないのでしょうか。

 それは神よりも快楽を愛してしまうことが原因です。神と隣人を愛することより自分の欲を優先するなら、私たちの信仰は誰からも喜ばれることなく、神を知っているだけで欲に飼い慣らされているものになります。

Ryu_taro