約束と逆境する現状

2021年6月21日 更新 / 2021年6月29日 公開
約束と逆境する現状の写真

ヘブル 11:17  信仰によって、アブラハムは試みを受けたときにイサクを献げました。約束を受けていた彼が、自分のただひとりの子を献げようとしたのです。

“こんなの聞いてない”
“言われてなかった”
“いや、明らかにおかしいでしょ”

神のなさることに矛盾を感じ、
心が揺れ動いたことはありませんか。

アブラハムは、「イサクにあって、あなたの子孫が起こされる」(18節)
と言われていたのに、なんと“イサクを献げよ”と命じられたのです。

 約束のみことばが与えられているのに、物事が違う方向に進んでいく…
私たちは、しばしば神の約束と現実とのギャップを感じることがあります。

その狭間で葛藤し、怒り、落ち込み、自己嫌悪に陥ることさえあるでしょう。

そんな時こそ、神を信じるのです。
絶望と思えても、神は、人の思いを超えて希望を与えることができます。

神は真実な方。
あなたとの約束を忘れることはありません。RK