罪と罰

2020年12月18日 更新 / 2020年12月28日 公開
罪と罰の写真

ローマ. 5:12 こういうわけで、ちょうど一人の人によって罪が世界に入り、罪によって死が入り、こうして、すべての人が罪を犯したので、死がすべての人に広がったのと同様に──

犯罪にはさまざまな種類があります。
犯す犯罪の大きさによって、法の裁きも異なるのです。

しかし、聖書で語られている罪は、
一つひとつの犯罪を指しているのではありません。
罪の性質は、たったひとつ。神との断絶であり、神を無視する生き方です。

人類代表のアダムが神の命令に反くことにより、
罪がこの世界に入り込みました。

罪は、神と人類の関係を破壊し、
アダム以降に生まれた私たちにもその影響が続いています。

罪は、神を遠ざけます。人は自らの、
知恵で神のことばを退けるようになりました。
人は、神の指示を受けたくないのです。

十字架により、神と和解した私たちは、ただ、神を知っているという状態にとどまらず、救われたものとして、みことばに生かされましょう!

RK