重荷を降ろして

2020年10月6日 更新 / 2020年10月19日 公開
重荷を降ろしての写真

エペソ 6:18 あらゆる祈りと願いによって、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのために、目を覚ましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くして祈りなさい。

 なぜ信仰生活に力がないのでしょうか、それは祈らないからです。ではなぜ、祈って力が与えられないのでしょうか。それは神ご自身を求めないからなのです。様々な意見と要望を祈ることができるのは私たちの特権です。

 しかし、私たちの必要は祈る前からすでに神は知っておられます。ではなぜ祈るのでしょうか。それは私たちが1つひとつの事柄において主に頼る必要があるからなのです。

 どんな時にも希望と感謝を持って祈る時、心の重荷が1つひとつ解放されていく経験をするでしょう。忍耐が必要な時もありますが、私たちが祈る時、背負っている荷が主によって軽くされ、負うべき重荷であるならば主も共に担ってくださっていることがわかるのです。

 主に頼らないならば、その重荷はとどまり続けます。もし皆さんが抱えている課題が多く、重いと感じているなら、今全ての重荷を祈り神に委ねていきましょう。

Ryu_taro