栄光の栄養

2020年6月8日 更新 / 2020年6月13日 公開
栄光の栄養の写真

第2コリント3:16-17「しかし、人が主に立ち返るなら、いつでもその覆いは除かれます。主は御霊です。そして、主の御霊がおられるところには自由があります。」

 時として心配、思い煩い、嫉妬、憤り、過去、トラウマが私たちの心を覆ってしまうことがあります。もし、そのような思いで何重にも心が覆われてしまうのであれば、信仰の歩みに喜びはなくなり、自由からほど遠いものとなってしまいます。

 私たちは日々「主に向き直る」ことが必要です。植物が日光によって成長するように、私たちもまた主の栄光により、恵によって、自然と成長し、自由と平安の実を実らせることができます。

 もし、主に向かないのであれば、それは神の栄光に背を向けている状態で、神からの恵に気づくことなく、世の煩いだけを見ていることになります。そして、思い煩いに留まり続けると、信仰は弱ってしまいます。

 日々神の栄光から栄養を受け、思い煩いから完全に解放されましょう。主の御霊が私たちの心のうちに働き、自由を得させてくださいます。

Ryu_taro