形式だけの悔い改め

2020年7月6日 更新 / 2020年8月6日 公開
形式だけの悔い改めの写真

1ヨハネ 1:9「もし私たちが自分の罪を告白するなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます。」

 ある人は「悔い改めるなら赦される。だから、罪を犯しても大丈夫。」と言います。確かに私たちは罪を犯してしまった時、その罪を真剣に告白するなら何回でも赦されます。

 しかし、赦しの保証を得られたからと言って、私たちが罪を犯し続けられるようになったわけではありません。

 悔い改めは私たちが恵みに留まり、光の内に歩むためなのです。その歩みには神との正しい関係があります。もし、私たちが同じ罪を犯し続け、暗闇に留まり続けるならば、そこに神との正しい関係はありません。

 罪を犯した自分を悔いているだけで、悔い改めの実が実っていないからです。そのような状態では平安がないことを、本人が一番知っているはずです。

 悔い改めは形式ではありません。神の光のうちに歩むのか、暗闇に留まるかの分岐点なのです。

 神の命に満たされて生きるのか、罪の欲望に負け続けて生きるのかという大きな問題です。

 「弱く罪深い私たち」という言葉が軽い表現に聞こえるほど、私たちは欲望に負けやすいのです。聖霊に頼り、真実に悔い改め、その実を実らせていただきましょう。

Ryu_taro