創造第二日目

2021年4月11日 更新 / 2021年4月17日 公開
創造第二日目の写真

創世記1:7
神は大空を造り、大空の下にある水と大空の上にある水を分けられた。すると、そのようになった。

神は闇と光だけでなく、天と地の区別を行った。
それは、地上と大空を分けられた。
神は全知全能なのに、スローペースのように感じる。
一日目は光、二日目は、大空。
一日で全てをお造りにはならなかった。
もちろん神は一日で全てをつくることも、一言で全てをつくることもできただろう。
でも、それをなさらなかった。
段階を追って説明したかった。人間が少しでも理解できるプロセスを選ばれたんだ。
「見よ、それは非常に良かった」(31節)と言うほど素晴らしい世界を、どのようにつくったのか知ってほしい。そんな神の人間への配慮を感じる。
この大空は神が創造し、ボクらのために備えてくれた。
そして、神はボクら管理するようにと任せたこの世界を、七日間というプロセスを通してつくり、説明してくれていんだ。
大空を見上げて神の創造を覚えよう。

Fumika