初めであり、終わりである方

2020年12月26日 更新 / 2021年1月1日 公開
初めであり、終わりである方の写真

黙示録. 22:13 わたしはアルファであり、オメガである。最初であり、最後である。初めであり、終わりである。」

聖書は常に、神の存在を前提としています。
世界の創造、人間の存在、生と死、死後に続く世界、
その全てを司っているのが、私たちの神です。

神は命の源であり、人は神の息が吹き入れられ、生けるものとなりました。
神を否定する者であっても、神に依存しなければ生きることはできません。

神の存在を否定することは、神の全知全能を、その神の愛をも無視しています。
これは大きな損失でしょう。

なぜなら、神はあなたのことを愛してやまない方だからです。
神を認める者にも、否定する者にも、等しく喜びや悲しみがあります。

だとするならば、あらゆるところで、神の存在を認め、
その愛を一心に受けたくはありませんか?

初めであり、終わりである方が、今日もあなたを恋慕っています。

RK