傾聴

2020年12月2日 更新 / 2020年12月10日 公開
傾聴の写真

ヤコブ 1:19 私の愛する兄弟たち、このことをわきまえていなさい。人はだれでも、聞くのに早く、語るのに遅く、怒るのに遅くありなさい。

誰でも自分の話を聞いてもらいたいものです。しかし、みんなが一斉に話し出したらどうなるでしょうか。そんなことをしたら会話が成立しません。

ある程度の年齢になれば、相手の話を聞き、その上で返答するマナーがわかります。「聞くのに早く」とは傾聴することであり、話し手に言い返すためではありません。

時には聞いている途中で言い返したくなるかもしれませんが、それではただ順番に自分の意見を投げつけているだけであって、全員が一斉に話しているのとあまり違いはありません。

必要なのは相手を理解するために聞くことです。ただ、それは相手の意見を全て受け入れるということではありません。

受け入れるに値するのは、聖書の真理に反していない部分です。人の話をしっかりと聞く時、たとえそれが誰であってもその中に益になるものが見つかります。

益にならないものに対しては、あなたが怒る必要はないのです。相手の自由を侵害してはいけません。

フェイクニュースが蔓延る中で、私たちは神のことばに相反していない、価値ある意見を選びとっていきましょう。

Ryu_taro