二面性を帯びた存在

2020年3月20日 更新 / 2020年3月20日 公開
二面性を帯びた存在の写真

創世記2:7
「神である主は、その大地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。それで人は生きるものとなった。」

私たち人間は二面性を帯びた存在です。
土から作られた面と、神から(霊的な)いのちの息を吹き込まれた面です。
他の動物とは違い、神の前で特別な存在なのです。

自分自身にがっかりするような気持ちになった時には、神からいのちの息を吹き込まれて生きているのだと思い出して、胸を張りましょう。感謝しましょう。

高慢になり自分を自慢したいような気持ちになった時には、土から作られた儚(はかな)い存在であることを思い出して、謙遜になりましょう。悔い改めましょう。

(TN)