ダビデ➀(負け算段-兵士編)

2020年7月30日 更新 / 2020年8月12日 公開
ダビデ➀(負け算段-兵士編)の写真

Iサムエル 17:45 「おまえはつるぎと、やりと、投げやりを持って、わたしに向かってくるが、わたしは万軍の主の名、すなわち、おまえがいどんだ、イスラエルの軍の神の名によって、おまえに立ち向かう。 

 ゴリアテは3mくらいの大男で、最新の武器をもち、40日の間、朝と夕、1日2回一騎討ちを申し込んできました。サウルと兵士たちは非常に恐れ、誰1人として立ち向かうことができませんでした。なぜ、戦うことができなかったのでしょうか。

 もちろん、ゴリアテの容姿が強そうだったのも理由の1つです。そのため、兵士たちは自分に勝てるわけがないと考えたのです。しかし、理由はそれだけだったでしょうか。そもそも彼らは一騎討ちをしたくなかったのだと思います。

 リスクを犯して死ぬことは恥であり、また自分がチャレンジする必要もなく、他の誰かが戦えば良いと思っていたと思います。自分の能力とゴリアテを比較し、到底勝つことはできないと、戦えない理由ばかりを探していたのではないでしょうか。

 私たちもチャレンジするべき壁に出会う時、兵士たちのように出来ない理由を無限に並べ立てることはできます。しかしダビデのように、主がともにおられるなら「全てが可能である」と言う生き方もあるのです。

Ryu_taro