危機は転機となる

2020年7月30日 更新 / 2020年8月2日 公開
危機は転機となるの写真

詩篇 62:1-2私のたましいは黙って ただ神を待ち望む。 私の救いは神から来る。神こそ わが岩 わが救い わがやぐら。 私は決して揺るがされない。

 試練にあった時は神の救いに大きく期待しましょう。黙り、神を待ち望むとはジタバタしないことです。なぜなら救いは私たちが作り出すのではなく、神から与えられるものだからです。

 恐れて心配し、慌てる方が危険です。なぜならそういう時は正しい判断ができなくなり、主の守りから出てしまう恐れがあるからです。

 私たちは救いのやぐらなる神に信仰をもって身を寄せるべきです。

 試練の中にいる時は失ってしまったものばかりに目が行きがちです。壊れてしまった人間関係、かつての環境等、様々です。それらを無くしてしまうのは非常にショックなことでしょう。

 しかし、そんな時こそ思い出すべきことは、私たちは全てを失っているわけではないということです。必ず残されているものが多くあります。

 失ったものに囚われるよりも、今なお与えられているものの方が多いのです。

 主とともに生きるなら、やり直すチャンスは多くあり、危機は転機となります。

 試練の中でも私たちは決して揺るがされることがありません。心が焦る時、ただ黙って神を待ち望むことも必要なのです。

Ryu_taro