自信があったりなかったり

2021年3月9日 更新 / 2021年3月21日 公開
自信があったりなかったりの写真

Psa. 37:23 主によって 人の歩みは確かにされる。 主はその人の道を喜ばれる。

自分には自信がないという人は、神に用いられる素質があります。

それは、自分に力がないということを受け入れ、
神に頼るからです。

一方、自己卑下をする人は、
自信がない人と一見似通っていますが、
自分に力のないことを認めていません。

なぜなら、人と比較して嫉妬していたり、
神に頼ることなく、神とともに一歩も踏み出すことがないからです。

大切なことは自信を持つことではなく、
神に対する確信を持ち、一歩踏み出す勇気です。

神の助けを受けるまでその場にとどまるのではありません。
一歩踏み出してこそ、神の助けを受けられるのです。

あれこれと心配する必要はありません。

大切なことは多くはなく、
あなたの歩みを確かにされる主への期待です。RK