煩う時間を行動に変える

2020年10月25日 更新 / 2020年11月8日 公開
煩う時間を行動に変えるの写真

ピリピ 4:13 私を強くしてくださる方によって、私はどんなことでもできるのです。

  信仰者である私たちは「諦めない人種」です。いざという時に逃げ腰になり、挑戦できず、すぐに諦めてしまう人は、神を信頼せずに逃げ癖ばかりがついています。

 パウロは多く手紙を書きましたが、彼には持病や身体的弱さがありました。それだけでなく長い間獄中にいた上、最終的には処刑されたと言われています。

 彼には「伝道できない…」「宣教旅行は不可能だ…」と言う理由をいくつも持ち合わせていました。ところが彼は神によって「私はどんなことでもできる」と大胆に語っています。

 これは傲慢な言葉ではなく、神の前に遜っている言葉です。「主の力によって」全てが可能だと言っているのです。むしろ傲慢さは神がいるのに「これは無理だ」という言葉に現れています。

 チャレンジする時は成功するかしないかで悩む必要はありません。最初は期待100%で挑んでみればいいのです。

 失敗や上手くいかない経験をしたほうが人は早く成長します。失敗を恐れて行動しないことの方が大失敗なのではないでしょうか。限界値を自分で決める必要はありません、信仰者には無限の可能性があります。

Ryu_taro