幸せになりたい人へ

2020年6月29日 更新 / 2020年7月17日 公開
幸せになりたい人への写真

使徒行伝 20:35「…労苦して、弱い者を助けなければならないこと、また、主イエスご自身が『受けるよりも与えるほうが幸いである』と言われたみことばを、覚えているべきだということを、私はあらゆることを通してあなたがたに示してきたのです。」

もし、幸せになりたいなら、苦労をして、人を助けることです。これはお節介でも、損をする行動でもありません。あなたが一番祝福される幸福な生き方なのです。

 自分の利益のために頑張る人がいます。どう生きるかは自由です。しかし、より多くの人々のために惜しみなく与える方が、一見失っているようでも、後に大きな祝福が与えられ、豊かになります。

「受けるよりも与える」とは見返りを求めないことです。あなたがした善行の見返りを少しも求めるべきではありません。それでは与えることになっていません。

 聖書の基準はギブアンドテイクではなく、ギブアンドギブです。感謝の心を持っている人は稀です。感謝されたいという思いを捨てましょう。人からの感謝を求めるのではなく、神に祝福されている者として、感謝を持って人に惜しみなく与えていきましょう。

与えるのは物質だけとは限りません。あなたの言動と行動が人を生かすものとなることを、願います。神が必ずあなたを喜んでくださいます。

Ryu_taro