人が一人であること

2020年4月12日 更新 / 2020年4月15日 公開
人が一人であることの写真

人とのつながりが絶たれる時、不安に感じることがあります。
人とのつながりを失った時、恐れを感じることがあります。
私たちは24時間365日命が尽きるまで誰かとずっと一緒にいることは残念ながらできません。
一人の時間とみんなの時間を上手に使い分けていくことが求められています。
主イエスキリストは、多忙な中にあっても一人の時間を持ったお方でした。

マルコ1:35
さて、イエスは朝早く、まだ暗いうちに起きて寂しいところに出かけて行き、そこで祈っておられた。

一人の時間にあなたが誰かと繋がっているなら、それは一人の時間とは呼べません。
スマホをポケットにしまって、目を閉じて一人静まる時間を1日1分でも持ってみませんか。
たった1分が意外と長く感じるかもしれませんね。
あなたが静まる時、主の小さなささやきに耳を傾けてみてください。
一人の時間が今与えられているのなら、繋がることを一旦後ろにして、主と繋がってみませんか。
人が一人である時に、人は一人ではないことに気付けるのです。

Fumika