人がした悪を心に留めず

2020年9月10日 更新 / 2020年9月20日 公開
人がした悪を心に留めずの写真

人の欠点を見つける機能が人一倍強いなと感じることはあるだろうか。
悪いところばかりに目がいってしまうことがあるだろうか。
親友のいいところよりも悪いところの方が簡単にあげられるような気がする。
人の心は欠けているので、欠けているところに目が向きやすい。
友達がした悪をないがしろにすることと、心に留めないということは、全く別だ。
ないがしろにはしないが、心に留める必要はない。
なぜなら、愛が心に満ちているなら、人がした悪が心に留まる隙がないからだ。
欠けがないなら、欠けに目はいかない。
むしろ、誰かの悪を心に留めているなら、隙間ができていることに気づこう。
それは、あなたも相手も幸せになる道じゃない。
あなたの心が真の愛で満ち溢れる時、あなたも相手も幸せを噛みしめるだろう。
だから、心の隙間にもっとたくさん愛を詰め込もう。
心は愛でできているから。

Ⅰコリント13:5
人がした悪を心に留めず

Fumika