一つ霊となる

2020年5月8日 更新 / 2020年4月30日 公開
一つ霊となるの写真

第一コリント 6:17  「主と交わる者は、主と一つの霊になるのです。」

 みなさんは神に会いたいと思ったことはありませんか?モーセは顔と顔を合わせて神と語りました。しかし私たちは今、それ以上に深い神との交わりが与えられています。

 モーセと神は分離していましたが、私たちは違います。「私たちは神の中で生き、動き、存在している」(使徒17:28)と聖書が語っているように、聖霊の宮である私たちの中に神が住んでくださり、私たちもまた神の中にいるのです。これは距離が近いというだけでなく、私たちが常に神とともにいることがわかります。

 神とともにいる実感は、祈りとみことばにより「主と一つの霊になる」ことで与えられます。神は霊ですから霊によって神を認識するのです。

 クリスチャンにとって神は遠い存在ではありません。しかし主との交わりがなければ、神は遠い存在に感じるでしょう。素直な心になって主を求めるなら、神がどれほど私たちの近くにおられるのか教えてくださいます。

Ryu_taro