ボクたちのために生まれたイエスさま

2020年12月9日 更新 / 2020年12月13日 公開
ボクたちのために生まれたイエスさまの写真

マタイ1:5
サルモンに、ラハブによってボアズが生まれ、ボアズに、ルツによってオベデが生まれ、オベデにエッサイが生まれ、

聖書を読むぞー!

と思って新約聖書を開くと、カタカナの系図が出てきて、やる気がぽっきり折れてしまったこともある。
でもよく見てみると、この系図の中にはルツという女性が出てくる。
彼女はイラエル人ではなく、モアブ人だった。(ルツ記参照)
イエスさまの家系に異邦人(イスラエル人ではない人)が入ってるんだ。
普段なら読み飛ばしてしまうけど、実はこれってとてもすごいことなんだ。
イエスさまはユダヤ人の救いのためだけでなく、全人類の救いのためにこの地上に来られた。
それはイエスさまが生まれるずっと前から、神様が計画していたこと。
神様はイエスさまが生まれる前から、全人類に目を留めてくださっていたんだ。
なぜならイエスさまはユダヤ人の罪の歴史に終止符打つだけでなく、全人類のために十字架に架ったから。
だからイエスさまの系図には異邦人も入っている。
イエスキリストの誕生日が全世界の人にクリスマスとして祝われているのは、イエスさまが全人類のために来られたからだ。
イスラエルから遠いこの日本のためにもお生まれになったイエスさまをクリスマスにお祝いしよう!

Fumika