キリストと洗礼②

2020年6月25日 更新 / 2020年7月15日 公開
キリストと洗礼②の写真

使徒行伝 8:38「そして、馬車を止めるように命じた。ピリポと宦官は二人とも水の中に降りて行き、ピリポが宦官にバプテスマを授けた。」

女王の全財産を管理していた宦官のエチオピア人が礼拝のためエルサレムに上り、帰る途中、馬車に乗って預言者イザヤの書を読んでいました。

そこにピリポが近寄り「あなたは、読んでいることが分かりますか」と宦官に言ったところ、宦官はピリポに説明を求めたのです。

「お尋ねしますが、預言者は誰についてこう言っているのですか。自分についてですか。それとも、誰か他の人についてですか」。そこでピリポはこの聖書の箇所から始めて、イエスの福音を彼に伝えたところ、彼はイエスを信じました。

その後、水のある場所を見つけたので、二人とも水の中に降りて行き、ピリポは宦官にバプテスマを授けたのです。

洗礼は信じたら受けることができます。良いクリスチャンになってからではありません。聖書知識が増えてからでもないのです。もしイエスを信じているなら、洗礼を受けない理由はありません。

宦官はその後もイザヤ書を読み続け、イザヤ56:3~5も読んだことでしょう。そして大きな慰めを得たと思います。宦官が即座に洗礼を受けたように、神に喜ばれる決断をしていきましょう。Ryu_taro