ないモノねだり

2020年5月19日 更新 / 2020年5月27日 公開
ないモノねだりの写真

勉強できる人を見て羨ましく思ったり、スポーツできる人を見て羨ましく思うことがあります。
ちょうど自分に足らないものを見ると欲しくなる欲張りな自分に出会います。
そんな時は、誰かに自分の長所を褒められても、ちっとも嬉しくありません。
私たちはどうやら、自分が持ってないものを欲しがるようです。
ふと、視点を変えてみると完璧な人間はこの世に存在しません。
むしろお互いが、欠けだらけの存在です。
自分にも欠けがあって、相手にも欠けがあるということに気づくことが大切です。
相手の長所は自分の足りなさを露呈するものではなく、自分の欠けを補ってくれる祝福なのです
そして、あなたに与えられている長所も自分のためにではなく、困っている人のために用いていきましょう。
なぜなら私たちは、それぞれがキリストの体に属する各器官だからです。

ローマ12:4,5
 一つのからだには多くの器官があり、しかも、すべての器官が同じ働きをしてはいないように、
大勢いる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、一人ひとりは互いに器官なのです。

Q.あなたは自分のどんな長所を用いて人を助けることができると思いますか? 

Fumika