どうして怖がるのか

2020年5月27日 更新 / 2020年5月31日 公開
どうして怖がるのかの写真

マルコ4:40
「どうして怖がるのですか。まだ信仰がないのですか。」

プロの漁師たちは、風があるので夕方に出航することはないようです。
現代でも漁師たちは明け方、風がまだないうちに出航しています。
イエス様はこの時、夕方になって、「向こう岸へ渡ろう」と言いました。
弟子たちの中には元漁師がいましたが、疑問や不安を抱えながら従います。
そうすると、案の定、風が強くなってきました。
元漁師の弟子たちは
「なんだよ!!だから夕方は良くないんだ!」って思ったかもしれません。
そして、この旅の発案者であるイエス様は、このような時に限って寝ています。
ボクだったら、なんで寝てんねん!って言うと思います。
そこで、弟子たちが、イエス様を起こしてみると、叱責をされてしまいます。
「どうして怖がるのですか。まだ信仰がないのですか。」
この時の弟子たちは、踏んだり蹴ったりです。
こんだけやったのに叱られています。
でも、彼らのそばには、イエスキリストがいました。
イエス様こそ私たちの救いのやぐら、平安の主です。
私たちが恐れや不安を抱く時、すぐそばにイエス様がいることを覚えましょう。
あなたの人生という船にはイエス様が乗ってくださっているのです。
Q.あなたが不安に感じていることはなんですか?そのことを素直にお祈りしてみましょう。 

Fumika