hi-b.a. 基本理念

hi-b.a.の活動は以下の基本理念に基づいて行われています。

Ⅰ.神に信頼する

神に信頼することが hi-b.a.に与えられた神の祝福である。

それ故 hi-b.a.は神に信頼することを最も価値あるものとし、それを行なうことを責務とする。

神への信頼を育むこともそれと同様である。

hi-b.a.のすべての意思決定は神に依り頼むことから生まれ、神への愛の証である。

hi-b.a.が神に信頼することは、祈りによって生み出され、御言葉に聞き従うことで実現する。

 (箴言3:5-6) 

 

Ⅱ.人を重んじる

hi-b.a.は、スタッフとその家族、OBや支援者、そして高校生を重んじる。

hi-b.a.は、すべての人がキリストに似た者とされることを喜び、そのために執り成し、

励まし、助け、戒め、赦すことをもって仕える。(マタイ 7:12) 

 

Ⅲ.高校生伝道を使命とする

「高校生による高校生伝道」をモットーとするhi-b.a.は、高校生及びその世代を愛し、仕え、

 彼らを直接の伝道対象とする。

彼らにイエス・キリストにある救いを伝えることと、

イエス・キリストの証人となるための訓練を与えることを高校生伝道と理解し、

それらによって世界宣教の推進と神の国の前進に寄与する。 (詩篇 71:17-18) 

 

IV. 教会に仕える

hi-b.a.は福音主義的聖書信仰に立った超教派伝道団体である。

教会になろうとしたり、教会を造り出そうとはしない。

hi-b.a.は営利を目的とした団体ではなく、教会からの祈りと支援に活動の基盤を置く。

また、教会に仕え教会と協力する。(エペソ 4:16) 

 

hi-b.a. Core Values

hi-b.a. Vision

hi-b.a.の名前の由来

hi-b.a.は、high school born againersの略です。

born again は“Unless one is born again, he cannot see the kingdom of God."

人は新しく生まれなければ、神国を見ることはできません。(ヨハネ3:3)

という聖書のことばから取ったものです。

hi-b.a.の歴史

ブラド氏とい、一人の信徒がえていたある教会の高校生クラスが事の始まりでした。リード氏は熱心な指導者で、高校生を霊的に訓練するためには、週にたった一回のクラスでは足りないと思いたち、平日に自宅で高校生のための集まりを始めました。 

 

ド氏訓練特徴は、主証しさせることでした。

「誰に対しても私はクリス チャンだと言いなさい。学校に行くときには、 必ず聖書を持って行きなさい。」

と。しかしアメリカではほとんどの人がクリスチャンだと自認します。

そこで “I am a Christian."と言うかわりに “I am a born againer.'' と言うようにさせたのです。

 

高校生たちはとても良く証をしたためすっかり学校で有名になり、

“born againer" は彼らの代名詞 (あだ名)になってしまいました。それを会の正式名称に採用したのです。 

 やがてブラント・リード氏は高校生伝道の働きのために献身しました。

そして一つの地域教会だけでなく、どの教会にも仕えるため、超教派の活動として、1938年ニューヨークにおいて高校生専門の伝道団体を結成しました。

それがhi-b.a.の始まりです。

 

日本のhi-b.a.は1951年にクラーク、マイヤー両宣教師によって始まりました。

渋谷のhi-b.a.センターを中心に、関東・関西・東海、国際の高校生のために数々の活動を展開しています。 

今後の全国的な展開のために、是非覚えてお祈りください。


今日のhi-b.a.☆

hi-b.a.の公式Twitterアカウントです!

HOTな情報を提供しますので、高校生も卒業生もそうでない人もフォローしてください!

hi-b.a.公式アカウント→@hibajapan