信仰表明

1. 旧新約聖書(六十六巻)は、すべて神の霊感によって書かれたもので、原典において全く誤りがなく、私達の信仰と生活と行為の唯一絶対の規範である。

2. 唯一の永遠の神は父、子、聖霊の三位一体である。

3. 主イエス・キリストは聖霊によって処女マリアより生まれたまことの神であり、全き人である。

4. 神はすべてのものの創造者にして、人を神のかたちに創造された。

5. 人は罪を犯したために肉体的、霊的死を招いた。それ故にすべての人は罪の性質を持って生まれるのである。

6. 主イエス・キリストは全人類の贖罪のために身代わりとして死なれたのであり、彼を信じるすべての者は彼の流された血潮によって義とされたのである。

7. 主イエス・キリストは肉体をもって復活し、昇天され、大祭司として現在私達のために執り成しておられる。

8. 主イエス・キリストご自身が見えるかたちで、すぐにでも再臨される。

9. 信仰によって主イエス・キリストを受け入れる全ての者は神の恵みにより、聖霊によって新生し神の子どもとなる。

10. あがなわれた者とあがなわれていない者の両者が肉体的に復活する。そして救われた者は無限の祝福を受け、失われた者は永遠の刑罰を受ける。

11. 「全世界に出て行って福音を宣べ伝えよ」との命令はすべての信者の一人一人の特権であり、又責任である。

12. 教会は新生した信者たちの集まりであり、主イエス・キリストをかしらとして、神によって立てられた指導者たちのもとに、神を礼拝し、神に仕えるものである。